子どもの生まれた年の記念に。記念日貨幣セット

スポンサーリンク

子どもが生まれた年の記念として何かほしいと思ったので、調べたところ、

その年の硬貨をまとめた「ミントセット」というものがあることを知りました。

ミントセットを記念にいいなと思っていましたが、赤ちゃんのお世話で余裕がなく、

買わずにいたところ、それとは別に「記念日貨幣セット」というものが出ているのに気づきました。

スポンサーリンク

記念日貨幣セットとは

未使用の1円、5円、10円、50円、100円、500円の6種類の貨幣と製造年入りのメダルをブック型のケースにセットにしたものです。

記念日貨幣セットは、フォトホルダーがついているため、好きな写真を入れることができます。

また、シールやメッセージカードが付属しており、プレゼントもしやすいようになっています。

買える場所

造幣局オンラインショップ

造幣局オンラインショップ

受付期間

令和2年のものを例とすると、以下の期間で受付を行っていました。

期間
申し込み受付令和2年1月15日~2月4日
追加受付令和2年8月7日~

申し込み受付と追加受付の間の期間には受付をしていなかったので、

結果的に、ミントセットを知ったときに慌てて買わずによかったです。

記念日貨幣セットを購入しました

写真も入れられ、生まれた年の未使用硬貨がセットになっている「記念日貨幣セット」は、子どもの生まれた年の記念にぴったりだと思い、見つけてすぐに購入しました。

実際に購入した記念日貨幣セットの写真を交えて紹介します。

外見

表面です。

記念品にぴったりの見た目です。

裏面です。

薄いプラのフィルムに収納されてます。

中身

三つ折りになっており、開くと、その年の1円、5円、10円、50円、100円、500円の貨幣と、製造年を記したものが収められています。

貨幣なので撮った写真に「見本」の文字を入れています。

さらに開くとコインの反対側も確認できるような作りになっています。

貨幣の表はこちらになります。

真ん中には貨幣の説明が記載されています。

右側には、写真を入れることができるようになっています。

見開きはこのようになっています。

立てて飾るのもよさそうです!

反対側です。

付属品

シールが付属しています。

子どもの生まれた記念の場合、生まれた日や身長・体重を記載して貼るのに使えそうです。

メッセージカードもついているので、プレゼントにも使えます!

ちょっとした出産祝いにもよいかもしれません。

あとがき

子どもの生まれた年の「記念日貨幣」を購入したことで、

後々子どもに、生まれた年の硬貨だよと見せられる日を楽しみにしています。

私はおつりに自分の生まれた年の硬貨があると、うれしくなったりするので、うれしく感じてくれたらうれしいですね。

タイトルとURLをコピーしました