Pythonista3でDjango3を動かす

Django
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

iPad Proを購入しました。今までWindows+eclipseで使っていたDjangoを、iPadでもやりたい!と思い立ち、実施してみました。

その忘備録です。

Pythonista3をダウンロード

App Storeにて、Pythonista3をダウンロードします。1,220円(2020/9/13現在)です。

‎Pythonista 3
‎Pythonista is a complete scripting environment for Python, running directly on your iPad or iPhone. It includes support for both Python 3.6 and 2.7, so you can...

Pythonista3にStaShを導入する

StaSh導入のため,Pythonista3で適当に新しいスクリプトファイルを作ります。

適当なファイル名を入力して、「Create」を選択します。

作成した空のスクリプトファイルに、以下を入力し、▷にて実行します。

import requests as r; exec(r.get('http://bit.ly/get-stash').text)

これでStaShが導入できました。

StaShを使ってDjangoをpipでインストールする

SCRIPT LIBRARY内のThis iPadの「launch_stash.py」を▷で実行します。

以下のように、Djangoインストールのコマンドを入力します。

バージョンを指定しない場合は、以下を入力してください。

pip install Django

バージョンを指定したい場合は、以下のように==バージョンで指定してください。

pip install Django==3.0.7

ここでは、上記(バージョン3.0.7)で動作を確認しました。

Djangoプロジェクトを作成する

StaShにて、任意のプロジェクト名(ここではsample_project)で以下を入力します。

django-admin.py startproject sample_project

作成後、一度Pythonista3を閉じて、再度開きます。

開発用サーバーを起動する

SCRIPT LIBRARY内のThis iPad内にプロジェクト名のフォルダが作成されているので、その中の「manage.py」を開きます。

▷を長押しして、以下を入力して「Run」を押します。

runserver —-noreload

以下のような画面が出たら成功です。

以下のようなエラーが出た場合、—noreloadの入力が誤っている可能性があります。(-を普通に入力しようとするとできず、-x-noreloadを入力してxを消すとうまくいきました)

CommandError: "—-noreload" is not a valid port number or address:port pair.

以下にブラウザでアクセスします。

http://127.0.0.1:8000/

動きました!

参考

以下サイトを参考にさせていただきました。

タイトルとURLをコピーしました